認知症とかかつけ医〜医師との相性も大切

お年寄り

認知症は早期に発見すれば、症状の進行を遅らせることができたり、改善をはかることができる病気です。そのため早期発見が非常に重要です。

 

かかりつけ医の存在が重要

早期発見のためには、個人で初期症状を知っておき、それが出てきた時に医療機関に相談することが必要ですが、それ以外にも医師の力を借りることも重要です。この際、かかつけ医の存在があると非常に頼りになります。たとえば長年、健康に対する相談などを行ってきたかかつけ医がいると、これまでのデータなどと対比して異常がないかどうかを判断してもらうことができます。またそのデータをもとに、どんな病気にかかりやすい傾向にあるかなどと言うことに対しても、客観的かつ専門的な判断を仰ぐことができます。このことは、認知症の早期発見にとても有益なことになるはずです。

 

認知症専門のオレンジドクター

最近では認知症を専門とする医師も多くいますから、不安がある人はそう言った人をかかつけ医にすることが望ましいです。またもし、認知症と診断された場合にも、やはりかかつけ医を頼ることはとても大切なことです。継続的に状況を見てもらうことで、よりその人に合った治療法をアドバイスしてもらえることが期待できます。

 

医師との相性も大切

ただし一方で相性と言う観点を持つことも、とても大切なことです。認知症の方は、自分の感情をうまく伝えることができない、そのことに対して苛立ちや不安を抱いています。また周囲とのコミュニケーションが円滑にはかれないことによって、孤独感や抑うつ状態を抱いている方も多くいます。こうした感情は、徘徊や暴力、記憶障害などの症状を悪化させる要因になることもあります。

 

そのため医師の態度によっては、良かれと思ってお世話になっていたことが逆に症状の悪化につながっていたと言う事態を招くことも考えられます。ですから家族は勿論のこと、患者さん本人がリラックスして話すことができていそうな、あるいはそのような雰囲気作りに努力していると感じられるような医師を選ぶことが望ましいです。