脳の病気である認知症の基礎知識とより良い介護の在り方

お年寄り

認知症は、本人にとっても家族など周りの人々にとっても辛いものです。脳の病気であり「忘れる」というのが主な症状なので、もどかしさや様々な葛藤が生じます。しかしながら、いつ誰が発症してもおかしくないのです。

 

認知症とはどのような病気なのか、どのような症状が起こるのか、また、どのような対応が必要となってくるのか基礎知識を学ぶことが大切です。

 

認知症の基礎知識

認知症は記憶障害が代表的な症状ですが、加齢による物忘れとどう違うのか分からないという人も多いようです。そこで、食事を例に見ていきましょう。「今日のお昼何を食べましたか」という質問を行ったとします。この質問に対して、どのような献立だったかを思い出そうとするけど思い出せないというのが加齢による物忘れです。この場合は、お昼ごはんを食べたこと自体は覚えているのです。

 

しかし、認知症の場合は食べたこと自体を忘れています。ここが、普通の物忘れと見分けるポイントとなります。

 

早期発見が重要

認知症は、なるべく早目の発見が大切です。初期段階であれば、専用の薬で症状の進行を遅らせることが可能な為です。なので、上記の例のように忘れ方が少しでも変だと感じた場合は、周りの家族などが早目に受診を促しましょう。本人は、認めたくがない為に受診を拒否する場合もあります。そのような時は、都道府県や市の介護相談窓口に相談をするのがお勧めです。

 

いざ、診断を受けると誰でも初めは戸惑ってしまいます。家族の場合は、今までずっと一緒にいた人が自分のことを忘れたりする訳ですから、頭では病気と分かっていても、つい本人にきつく当たったりしてしまうという人もいます。しかし、一番辛いのは本人です。周りの人々が症状のあり方をしっかりと理解してサポートしていくことが必要なのです。

 

周辺症状

お年寄り

症状が進行をすると、記憶障害だけではなく、徘徊や妄想幻覚、暴力行為や不潔行為といった症状が現れる場合もあります。そんな時、怒ったり否定するようなことは絶対に行ってはいけません。本人が行うこと全てを受容する姿勢が大切なのです。しかしながら、サポートする側にも相当な負担がかかるのが事実です。自分一人で抱え込まず、周りの助けを利用することも必要となってきます。

 

ある地域では、地域全体でその土地の認知症高齢者を見守る活動を行っています。例えば、徘徊している人を見つけたら、「お散歩ですか?一緒に歩いていいですか?」等と声をかけてその人の家族のもとや家にさりげなく誘導したり、日頃からお宅を訪問してコミュニケーションを図るなどの取り組みを行っています。このように、地域のサポートを活用したり、地域の関係があまりない場合は専門家に積極的に相談をしましょう。どんな小さなことでも、誰かに相談したり協力をしてもらうことで心が軽くなります。

 

また、介護施設への入所も視野に入れるべき点です。介護施設は24時間体制で専門家がしっかりとサポートしてくれるので家族も安心です。頻繁に会いに行くことも可能なので、介護の負担が減るだけでその他のコミュニケーションは十分に図ることができるのです。

 

いずれにせよ、正しい知識を持ち症状に合ったより良い対応を行っていくことが大切です。

 

更新履歴